次世代のエネルギーとして環境に優しいバイオガス発電があります

男の人

遊休農地を有効活用する

ソーラーパネル

自然を守りながら農業や水産の効率化を図る取り組みに力を入れるところが増えてきており、持続発展可能な農法への技術改革が進んでいます。その代表例としてソーラーシェアリングがあります。
ソーラーシェアリングとは、農地で行なう太陽発電のことです。田舎には実際に使われていない農地がありその有効利用について行政は色々悩んでいます。その解決方法としてソーラーシェアリングという方法が考え出されました。農地は元々日照りの良く太陽光発電に向いています。そのため、農家をやめてしまった方の遊休農地を収益物件として活用できるとして一石二鳥のメリットがあるわけです。ソーラーシェアリングの方法は農地として工作を続けながら行なう営農型と転用型の2通りあります。農地の空中に隙間を作って太陽光発電パネルを並べて発電を行ないますが、営農型の場合は作物への光を確保しながら設置するため発電できる量は転用型に比べて少なくなります。設置するものとして営農型には支柱が必要になりますし、転用型には架台が必要になります。発電できた分を電力会社に売ることができますが、近くに送電線が無い場合はそちらも引かなくてはいけません。初期費用は利用する土地の面積に合わせても大きくなるので、そのあたりを考慮しながら考えなければなりません。年々費用が安くなってきているので、導入もしやすくなってきています。土地を有効活用したい場合は検討してみても良いかも知れません。