次世代のエネルギーとして環境に優しいバイオガス発電があります

男女

使っている製品の点検義務

作業員

企業で使われている機器のほとんどが第一種特定製品になります。エアコンや冷水器、冷凍庫などフロンを使う機器のことを指していて年に何回かの点検が法律で義務付けられているので管理者は把握しておかなければいけません。

もっと読む

管理しやすい新エネルギー

発電所

電力自由化に伴い電力会社を自由に選べるようになりました。石油に代わる発電としてダムによる水力発電や風車を利用した風力発電が有名ですが、利用効率からすると生産される電力数は火力発電や原子力に比べあまり実用的とは言えませんでした。安定した供給が可能な次世代エネルギーの必要性が近年特に叫ばれています。その新しいエネルギーとして今注目されているのがバイオガス発電です。今までの発電方法との違いを紹介したいと思います。
石油や原子力を使ったエネルギー発電の場合は採掘をしたり、使用後の燃料の廃棄が難しかったりなどの問題があり、環境に与える影響も多く地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出や生物への負荷が大きいため大気汚染防止の規制など公害対策も難しい面がありました。それに比べて、バイオガス発電は環境に優しく管理もしやすいといったメリットがあります。毎日出る生ごみを有機物として発酵分解することにより発生するメタンガスを利用したものなので、生態系への影響も少なく発酵槽で残った二次生成物を液体肥料や堆肥としても有効活用できます。都市部でもそうですが特に自然を残しながら環境に優しい電力を得たい農村部ではとても有力な発電方法と言えます。生ゴミを堆肥に変えながら土地を豊かにし農機やビニールハウスなどに使われる電力を安定的に供給できるからです。プラントの大きさや設計も常に改良が施されているので、あまり広くない土地への設置も可能になってきています。

遊休農地を有効活用する

ソーラーパネル

利用していない遊休農地などを有効活用する方法としてソーラーシェアリングが考えられています。導入への費用も年々安くなってきているので、使ってない土地の価値を高めるソーラーシェアリングについて調べてみると良いでしょう。

もっと読む

作業時の安全を守るカッパ

ヘルメット

役に立つカッパには色々な工夫が施されています。そのため、作業用など目的に合ったものを選ぶことで使用者の安全性や利便性を高めてくれます。既製品以外にも特殊生地を選んでオーダーすることもできます。

もっと読む